大田区の雑色駅徒歩4分にある雑色たなべ整形外科リハビリテーション科 予防接種

top

予防接種

当院では予防接種も行っております。
接種できるワクチンにつきましては、在庫確認もございますのでお電話にて一度ご連絡をお願いいたします。

主な予防接種

インフルエンザ

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こります。
インフルエンザにかかった人が咳やくしゃみなどをすることにより、ウイルスが空気中に広がり、それを吸い込むことによって感染します。
典型的な症状は、突然の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などで、のどの痛み、咳、鼻水などもみられます。普通の風邪に比べて全身症状が強いのが特徴です。
特に高齢者や慢性疾患をお持ちの方は、気管支炎や肺炎などを合併し重症化することがあります。

インフルエンザ予防接種のタイミング

インフルエンザワクチンの接種から抗体が出来るまでに3~4週間かかるといわれております。
インフルエンザ流行前1ヶ月くらいに接種を完了しておくためには、出来るだけ毎年12月中旬頃までにインフルエンザワクチンの接種を受けられることをお勧め致します。
大人の場合、1回接種での予防効果は約6割、2回接種では約9割とされています。
つまり2回接種の方が予防効果が高いといえます。
特に小学生以下のお子様には2回接種が必要です。

肺炎球菌ワクチン

肺炎の原因には、様々な要因がありますが、その多くは細菌やウイルス等が肺に感染することによって発症します。
原因として最も多いものは「肺炎球菌」で、大人がかかる一般的な肺炎の約3割程度を占めています。

肺炎球菌ワクチンは肺炎球菌によって引き起こされる肺炎などの感染症を予防し、重症化するのを防ぐワクチンです。すべての肺炎を予防するものではありません。

肺炎球菌には実に90種以上の型がありますが、主に大人を対象とした肺炎球菌ワクチンはこのうち23種類の型に効果があります。
この23種類は実際に肺炎などの原因となっている肺炎球菌の型のうち約8割以上を占めています。
尚、接種してから免疫ができるまで、平均で概ね3週間ほどかかります。
1回の接種で5年以上免疫が持続するといわれています。
季節を問わず接種可能です。
次のような方に肺炎球菌ワクチンの接種をおすすめします。

  • 65歳以上の方
  • 心臓や呼吸器に疾患をお持ちの方
  • 腎不全や肝機能障害のある方
  • 糖尿病の方 など
診療内容
  • 整形外科
  • リハビリテーション科
  • リウマチ科
  • 小児整形外科
  • スポーツ整形外科
  • 予防接種